記憶の中の僕

11643
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

新年のあいさつ - あまがさ

2012/01/02 (Mon) 16:34:24

あけましておめでとうございます。

などと、去年のあいさつに書き込まなかったやつが今更ですが、改めて新年のごあいさつです。
去年はまったく動きがありませんでしたが、それでも定期的に巡回していました。
あと、たまに気が向いたら、」過去のSSを読み返してました。
今年は期待してもいいかな? ちょっとだけ(苦笑)

あと、ダークサイドさんもいかがお過ごしでしょうか?
他所の恥ずかしがりやなSS書きさんの所でも書き込みがないから、この方面から足を洗ったのかな?
などと邪推しています。
よろしければ生存報告w をお願いします。

Re: 新年のあいさつ - ゆう

2012/01/04 (Wed) 21:45:25

あけましておめでとうございます。
すっかり放置してしまってスミマセン。
そうですね。。何とかちょっとだけでも。。

とりあえず、生存報告しておきます。m(_ _)m

あけましておめでとうございます - ダークサイド

2011/01/02 (Sun) 05:30:14

ついに最終話完成せずに年越しに。

w(-_-)w

お手上げモード発動中。
こんな状態ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Re: あけましておめでとうございます - ゆう URL

2011/01/02 (Sun) 17:52:23

ダークサイド 様
あけましておめでとうございます。
相変わらずの放置プレイで申し訳ありませんが、
こちらこそよろしくお願いします。

Re: あけましておめでとうございます - 通りすがりの双葉

2011/02/07 (Mon) 21:20:07

一月遅れだけど便乗します
明けましておめでとうございます
今年も一年よろしく御願い致します_(._.)_

Re: あけましておめでとうございます - ゆう URL

2011/02/08 (Tue) 21:40:10

通りすがりの双葉 様
書き込みありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

ご無沙汰しています - ダークサイド

2010/10/25 (Mon) 09:57:07

ご無沙汰しています。
取り合えず、生存報告だけですが…

一昨日より熱出してぶっ倒れています。
何年ぶりかなぁ、こんな長い熱は。

私の方の続きは何度か書き直しているんですが、文章としてうまくまとまらず公開レベルにはいたっておりません。
なにせ、最終話になるのでビシっと決めたいと思いつつ…orz

Re: ご無沙汰しています - ゆう URL

2010/10/26 (Tue) 00:11:03

ダークサイド 様
生存報告、ありがとうございますw
私の周りでも体調を崩している人が多いです。
暑かった夏の疲れが今頃出てきたのかもしれません。
お大事にしてください。

Re: ご無沙汰しています - あまがさ

2010/10/26 (Tue) 06:37:29

ダークサイドさんお大事に、一日も早いご回復をお祈りいたしております。
続きは気長に楽しみに待っています。

記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:26:01

「リョウくん、お隣のユウちゃんが、夏祭りのお誘いに来たわよ」

「はーい、いま行く」

ママに呼ばれて、僕は返事をして部屋を出て玄関に来た。
玄関ではユウちゃんが僕を待っていた。

「お待たせ……ユウちゃん、その格好は?」

「……あんまりじろじろ見るなよ、恥ずかしいだろ!!」

「ご、ごめん」

ユウちゃんが不機嫌そうにそっぽを向いたので、僕は慌てて謝った。

「まあまあ、その浴衣とても似合ってて可愛いわよ、ユウちゃん。
あなたもそう思うでしょ? リョウくん。だから見とれてたんでしょ?」

僕のママにそう言われて、ユウちゃんはますます不機嫌そうになった。
僕は不機嫌になったユウちゃんを、まずなだめなければならなくなってしまった

「そ、そんな事、……行こうユウちゃん」

「気をつけて行ってらっしゃい。今日は少しくらい遅くなってもいいわよ」

そんな僕とユウちゃんを、ママは面白そうに見つめながら手を振って見送った。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:30:04

「こ、これはボクが着たくて着たわけじゃないからな!!
お母さんに無理やり着せられて仕方なく着てるだけだからな!!」

「わかっているよ、ユウちゃんはそういうの嫌いなのはよく知ってるから」

ユウちゃんの言い訳をはいはいと聞きながら、僕はちらちらとユウちゃんの浴衣姿を見ていた。
言ってる言葉とは違って、僕はユウちゃんの浴衣姿はとても可愛くてよく似合っていると思った。

「……そんなにこの浴衣がいいなら、かわってやろうか?」

「いいよ、僕には似合わないから」

「ボクにだって似合わないよ!! 動きにくいし女みたいでヤなんだこの格好!!」

『女みたいでヤだって、だってユウちゃんは女の子じゃない』そう言いかけて、僕は慌てて口をつぐんだ。
そんな事を言ったら、ユウちゃんがますます怒るのはわかっていたから。
ぶつぶつ文句を言うユウちゃんをなだめながら、僕たちは夏祭りの会場へ向かった。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:33:03

僕、北村遼一と、ユウちゃんこと水瀬裕子ちゃんは、お隣同士で幼馴染みだった。
僕たちが生まれたとき、僕のママとユウちゃんのお母さんは同じ病院の同じ病室だった。
そのせいなのか、僕たちの母親同士はとても仲が良かった。

僕たちも小さい頃からよく一緒に遊んでいて自然に仲良くなった。
ユウちゃんと僕は、同じ幼稚園に通い、今は同じ小学校に通っている。
今年は同じ4年1組で、席はお隣同士だ。

ただ、ユウちゃんは小さい頃から、僕や近所の男友達と遊ぶことが多かったせいだろうか?
言葉遣いや仕草が、男の子みたいな女の子になってしまった。
女の子らしい事は苦手だし、女の子の服とか、特にスカートは嫌がって着たがらない。
その事でユウちゃんのお母さんが、こっそり僕に愚痴をこぼすこともあった。

「もう少し大きくなったら、女の子らしい事に興味をもってくれると思うんだけど……」

ユウちゃんのお母さんは、ユウちゃんは僕のことが好きだから、
僕が女の子らしいユウちゃんの方が、かわいいとか好きだとか言って、
ユウちゃんをその気にさせる事を期待してるらしい。
今日、ユウちゃんに浴衣を着せて、女の子らしい格好をさせたのも、それを狙ったんだろうか?

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:35:36

でもそれは、僕のことを買いかぶりだと思う。
でも、僕も女の子らしいユウちゃんの方がかわいいと思う。
ユウちゃんの浴衣姿なんて、普段女の子らしい格好をしない分、余計にかわいいと感じていた。
こうしていつもよりかわいいユウちゃんと一緒にいると、胸がすごくドキドキする。
僕はユウちゃんにそう言ってあげたほうがいいんだろうか?

「でも、ユウちゃんはそう言われるのを嫌がるからな……」

踏ん切りがつかないうちに、僕たちは夏祭りの会場に来た。
後から思った。たとえ僕がユウちゃんにどう思われようと、
その時に僕が僕の口から、そう言ってあげるべきだったって。
だって、…………今ではボクが元の僕の口から、そう言う事ができなくなってしまったのだから。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:38:02

夏祭り会場をユウちゃんと一緒に、屋台や出し物を一通り見て回った。
屋台で買ったわた飴を一緒に舐めたり、射的に挑戦したりしていた。

「すごいやユウちゃん、そんな景品取るなんて」

「へへっ、こういうのは得意だからね。
……でも、よく考えたら、ぬいぐるみなんて場所取るし邪魔なんだよな。
お菓子にでも換えてもらうんだった」

普通の女の子だったら、ぬいぐるみの方を喜ぶんだろうけどね。
僕はユウちゃんのかわりにぬいぐるみを持ってあげていた。

「……っと、もうこんな時間か、すっかり暗くなっちゃったね」

ユウちゃんに言われて気がついた。辺りはすっかり暗くなって、飾り付けの提灯に灯が入っていた。
じゃ、お祭りもたくさん楽しんだし、早く家に帰るか。
そう提案しようとしたら、先にユウちゃんに提案された。

「中央公園ででも、少し休んでいかない?」

「中央公園?……いいけど」

中央公園は、ここから歩いて5分くらいの所にある。
住宅地の中にある、木がたくさん植えられている静かな公園だった。
僕はなぜだか気が進まなかったけど、特に反対はしなかった。
どうやらユウちゃんは、あまり早く家に帰りたくないらしい。雰囲気でなんとなくわかった。
でも、これも後から思った事だけど、それでもこの時さっさと家に帰るべきだったんだ。
だけど、何かの運命に引き込まれるかのように、僕たちは中央公園へと歩いていった。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:40:03

「ゆ、ユウちゃん」

「しっ、見つかる、黙って!!」

中央公園には先客がいた。高校生くらいのお兄さんとお姉さんだろうか?
僕たちは、ついこっそりと、お兄さんたちのいるベンチの近くの木の陰に隠れて見てしまっていた。
よく見ると、お兄さん達の他にも、周りに何組か男の人と女の人の組み合わせが居た。これってどういう事?

……なんだかお兄さんたちは、変な雰囲気だった。
ぼ、僕たちがここにいたらまずいよ!!

お兄さんは、僕たちが見ているなんて気づいていないのか、お姉さんの肩に手を回し、
お姉さんもお兄さんの背中に手を回して、目を瞑ってちゅ-をした。
そんなの見ていたら、なぜだか僕はドキドキしてきた。

僕はなんだか寂しい気持ちだった。
僕は、なぜだかぎゅっとしたくなって、ユウちゃんの方に手を伸ばしていた。
僕の手がユウちゃんの手に触れて、ついぎゅっと握っていた。
ユウちゃんも僕の手を握り返していた。僕はうれしかった。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:42:19

僕はユウちゃんの方を見た。
ユウちゃんも僕を見つめていた。

この時、僕はユウちゃんにちゅーをしたくてたまらなくなっていた。
いいよね? ユウちゃん。
僕は声に出さずに心の中でそう思った。ユウちゃんが黙ってうなずいた。
僕は目を瞑ってそのままユウちゃんにちゅーをした。


ユウちゃんの柔らかい唇の感触を感じて、僕は幸せを感じていた。

だけどその瞬間、ボクは僕ではなくなってしまった。


「えっ!?」

目を開けると、ボクの目の前にはなぜか「僕」の顔があった。ボクは驚いた。
目の前の「僕」も、ボクの顔を見て驚いていた。

「な、何で?」

そういうボクの声が、いつもより少しだけ高いような気がした。
ボクは驚いて、そのまま後ずさろうとして、妙に動きづらい事に気づいた。
ボクはその時、なぜだかユウちゃんの着ていた浴衣を、ボクが着ている事に気づいた。

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/11 (Wed) 01:55:58

ちょっと小ネタを投稿するつもりが、結構大掛かりになってしまったw
夢の中の僕の設定見直し、リメイクも考えたりしていましたけど、こっちのほうがオリジナルっぽくていいかな?
記憶の中の僕の世界を使って、サイドストーリーの最初の話だけを書いてみました。どうだったでしょうか?

女の子の方をユウちゃんにしたのはわざとですw
あと、例の中央公園で高校生くらいのお兄さんとお姉さんがいますが、多分あの人たちです。

小学四年生、十歳くらいの子供達というのはどうなんでしょうね?
八年後なら、高校三年生という逆算の結果出したすうじでもありますがw

続きは書くかどうかわかりません。
書くとしても間が空くと思います。

それでは、今回はこのへんで失礼します。

Re: 記憶の中の僕とボク - ゆう URL

2010/08/12 (Thu) 01:18:35

あまがさ 様

やっぱり上手ですねぇ。
すーっと話に入っていけて、面白くて。
私の元ネタをいろいろ広げていただいて本当にうれしいです。

本編でも、あの場所、あの時がカギになってくる?でしょうし。
八年後!?
う~ん、、、何でしょうか?

Re: 記憶の中の僕とボク - あまがさ

2010/08/12 (Thu) 07:10:07

返信ありがとうございます。
上手と言ってもらえてうれしいです。

本編の、あの場所、あの時は、入れ替わりの条件をかなり満たしているっぽかったので、設定そのまま使いました。
それにそのほうが、いかにもサイドストーリーっぽいですしね。
きっと近くには、香取耕介、歩美兄妹もいるのでしょう。w

八年後!? それほど深い意味はないです。
本編のユウ自殺、第二部スタートが八年後なので、それにリンクできないかなと、なんとなくあわせてみました。
細かい数字は変更してもかまわないとも思っています。

後で自分の書いたSS読み返してみて、細かい事は色々ああしていればよかった。とか思うことあります。
特に、実は入れ替わった女の子のユウちゃん、ボーイッシュな子にしたけど、もっと女の子らしい子にすればよかったかな? とも思ったりしました。
これはこれでいいですけどね。

あと、夢の中の僕の設定見直し、リメイクという話もしましたが、裕也の意識が、美穂と入れ替わった世界(原作)と入れ替わっていない世界の二つの世界を行ったり来たりするような話しでした。(夢、より踏み込んでいる?)
書いたらどうなっていたでしょうね。書く余裕なんてないという説もありますが。

この話「記憶の中の僕とボク」は、このままでは中途半端なので、とりあえずはそれぞれの家に帰って、無事(?)に一日が終わるところまでは書こうと思っています。
その後はどうしようかな、キリのいい閉めくらいはするべきなのかな?

それでは今回はこれにて失礼します。

足跡? - 通りすがりの双葉

2010/08/09 (Mon) 03:59:45

最近音沙汰がないので気になって書き込み残してみます

もうすぐ拍手200なのでそれも記念して!

Re: 足跡? - あまがさ

2010/08/09 (Mon) 20:48:34

お久しぶりです。あまがさです。
このHPは定期的に巡回しています。
書き込みがあったので、私もコメントしてみます。

何もないのも寂しいから、掲示板に何か小ネタでも投下してみようかな?

Re: 足跡? - ゆう URL

2010/08/09 (Mon) 21:13:08

通りすがりの双葉 様
書き込みありがとうございます。
おかげさまで元気にしています。

あまがさ 様
いつもありがとうございます。
書き込みへの反応が私より速くてびっくりです。
小ネタ歓迎です。
言っていただければHPのほうでもいいです。


ほったらかすにもほどがあるほど間が空いてしまっていますが、続きはまとまり次第またアップします。
忘れた頃にサクッと・・・、かもしれませんが。

第4話読みました - ダークサイド

2010/02/05 (Fri) 12:58:25

うーん、話がいきなり大きくなりましたねぇ。
気になるのは二つの仮説。
オリジナルの美保の調べたレポートと実験、耕介と歩美ちゃんの仮説ってマッチングしない気がして。
どういう展開になっていくのかが気になりますね。

ちりばめられたキーがどういう形で結実していくのか楽しみにしています。

それとは別に、もし入れ替わりのメカニズム解明された後、歩美ちゃんが生きていたとしたら、兄妹は元に戻るかどうかが気になります。
今の耕介は戻る気なさそうだけど、歩美ちゃんは判らないし。

■あまがささん

>私が香川家の人間である限り、自分が望まない結婚をさせられてしまうのではないか。

私的には間違いなく、流されて結婚しちゃってる気がします。
とかくゆうさんの書く美保は流されやすい性質である事、自分の意見を貫く事をしませんから。


>それと、わかばでの僕の投稿SSの話、当たりです。
>こっちも内容や癖で読まれているのかな?
これは単に野球少年(仮)の最初の部分での印象と受けた感じが似ていたからです。
野球少年(仮)の方は『裏』の別視点みて印象がガラッと変わりましたけど。


>できちゃった婚で、結婚式直前に弟と入れ替わって
>押し付けて、冒険に行っちゃって弟と追いかけっこ
>してるお姉さんの話なんかは凄く読みたいです。

これは続き書いている最中にスレが無くなっちゃったんですよね。
もう少しで終わる予定だったんですが・・・


>女性の方から入れ替わりや性転換仕掛けて、男性の
>方が迷惑を被るというパターンが多いし基本です。

orz
その意味では昨年、毛色の違うもの書いてました。
完結前にスレ消えちゃいましたけど。



■ゆうさん
>今回はとにかく思い切って風呂敷を拡げてみました。
>これから、とっちらかった話をどうまとめていこうか・・・悩みますw

楽しみにしています。
風呂敷は広げるよりも畳む時が難しいと思うので。

Re: 第4話読みました - ゆう URL

2010/02/06 (Sat) 01:30:37

ダークサイド 様
いつもありがとうございます。

>オリジナルの美保の調べたレポートと実験、耕介と歩美ちゃんの仮説ってマッチングしない気がして。

本当にいつも鋭いご指摘です。
Season 2は初めシリーズ完結後に考え出したお話なので、マッチングについては確かに悩みどころでした。
ご意見を踏まえて、その辺りにより気を配りながら進めていきたいと思います。

>風呂敷は広げるよりも畳む時が難しいと思うので。

この際だからもう少し広げてみるかもしれませんw


それにしても、あまがささんもダークサイドさんもお互いの文章が推定できてしまうとはびっくりです。

第4話読みました。 - あまがさ

2010/02/01 (Mon) 02:35:26

「『革命は入れ替わりが成し遂げる』」そんな訳あるかいw
でもまあ、このSS的にはそういう話もあり、で行くのでしょうね。入れ替わりの秘密にたどり着けるのか?
話がすごく大げさな方向に行っていて面白かったです。

個人的には女に馴染めず姿を消した歩美が気になります。
作中に出てくる事はないでしょうけど、ふと気になったのでゆうさんに質問、歩美はどこかで生きているのでしょうか?

合コン前後の美保の嫉妬ぶりも、なかなか面白かったです。
なんだかんだ言いながら、思考は女性的じゃないかい。

>だから、私がユウとつき合うことには誰も反対しなかったし、将来ユウがうちの会社の力になってくれれば、と祖父も父も期待していただろう。
裕也が裕也のままだったら、はたして美保との結婚を許されただろうか? その件の僕の意見は後で書くとして。

>私が香川家の人間である限り、自分が望まない結婚をさせられてしまうのではないか。
>仮に私が耕介とつき合うとしたらどうだろう。
>耕介は香川家に受け入れられるだろうか。
>おそらく祖父は認めてくれないだろう。

これらの答えはある意味簡単、思い切って美保が香川家を出りゃいいんです。
香川家の跡継ぎには弟がいますしね。
もし元の美保が、女として裕也と結婚する道を選んだとしたら、香川家を出る選択肢も持ったと思うのです。
はたして今の美保に、そういう選択や思考ができるのか?
無理だろうな……少なくとも今は、などと思ってます。

Re: 第4話読みました。 - あまがさ

2010/02/01 (Mon) 03:10:23

ダークサイドさん

>いや、あれで自分のだと見られるとは思いませんでした。
>わざと簡潔に書いたんですけど。
>癖、あるんでしょうか orz
なんとなく癖があります。
それに、だいたいパターンもあります。
女性の方から入れ替わりや性転換仕掛けて、男性の方が迷惑を被るというパターンが多いし基本です。

それと、わかばでの僕の投稿SSの話、当たりです。
こっちも内容や癖で読まれているのかな?

僕としては、わかばで投稿していた2作品ほど続きが読みたいです。

できちゃった婚で、結婚式直前に弟と入れ替わって押し付けて、冒険に行っちゃって弟と追いかけっこしてるお姉さんの話なんかは凄く読みたいです。
あれ、はた迷惑なお姉さんのせいで、弟だけでなく両親も不幸になっちゃってますよね。
お姉さんは、弟さえ諦めてくれたら、とか思っていたんだろうけど、そりゃ絶対違うだろ、ですねw
基本、ダークサイドさんの女性キャラの造詣は、こういうはた迷惑タイプが多いですね。
どう決着つけるつもりだったのか、すごく気になってます。

もう一つは、ダークサイドさんには珍しいタイプの話かな。
主人公が美紗緒ちゃんという幼馴染と入れ替わってる話。
二人が入れ替わっている時に、金持ちの御曹司にさらわれて無理やり結婚させられた。
主人公と入れ替わった美紗緒ちゃんは、美紗緒のことを忘れる暗示をかけられ、結果的に記憶を失ってしまう。
そりゃそうだ、自分の事を忘れるように強要させられたんだから。
あれは自分勝手な御曹司もさることながら、美紗緒の両親も勝手だなと思ったものです。
記憶を消されたのが、本当は自分たちの娘だと知ったら、どう思うのか、すごく知りたいと思ったものです。
ともかくあの話では、主人公と美紗緒には幸せになってほしいと思いましたが、難しいだろうな、とも思いました。

記憶の中の僕IFの続き、上記のSSの続き、楽しみにしています。

Re: 第4話読みました。 - ゆう URL

2010/02/01 (Mon) 18:55:16

あまがさ 様
いつもありがとうございます。

>作中に出てくる事はないでしょうけど、ふと気になったのでゆうさんに質問、歩美はどこかで生きているのでしょうか?

歩美の話はまだ出てくる予定です。
ただ、生きているかどうかは・・・?

美保が香川家を出ることができるかどうか、それを望んでいるかどうか、のあたりもいずれまた触れられればと思います。

今回はとにかく思い切って風呂敷を拡げてみました。
これから、とっちらかった話をどうまとめていこうか・・・悩みますw

第三話読みました - ダークサイド

2010/01/18 (Mon) 19:48:53

ややこしい事になりそうですね。
美保時代のユウ以上に、女であることに対してストレスを溜め込み始めている裕也。
果たしてどういう展開が待っているのか楽しみにしています。

振り返って私の方ですが・・・・・m(_ _)m
誠に申し訳ありません。
時間おいてと思っていたんですが、自身にも色々予想外の事が。
それでも気を取り直して年末発表に向けて、書き直していたんですが・・・・PCがフリーズして書き直す気力が萎えてました。
保存直前に固まって、大半がぷぁに;_;)
PC目の前にして固まりました。
マジで。


■あまがささん
> あと、ダークサイドさんのも、すぐにとはいいませんが、続きお待ちしてます。
>ふたばやわかばでの書きさしのほうも……。

勿論です。
頭の中では完成してます。
が・・・・文章化が上手くいきません。
どうしても説明説明になっちゃう。
挙句にクラッシュでちょっと萎え気味になってましたが、ゆうさんの新作も出たのでこっちも頑張って続きをと思ってます。
相変わらず無記名でちまちま徘徊してますが。


■ゆうさん

ご無沙汰してます。
最近、諸事情からノートPCをメインに利用しているんですが・・・・デスクトップと違って電源入れっぱなしで使っていることが多く、堕ちやすくなってます。
やはり定期的な再起動はした方が良さそうだと思い知らされました。
ところでですが、『記憶の中の僕』系以外の投稿って可能ですか?

Re: 第三話読みました - あまがさ

2010/01/18 (Mon) 22:46:23

第3話読みました。耕介のカミングアウト、ずっと気になっていたので、読めて嬉しいです。
それにしても、同じ夏祭りの同じ頃に、それも兄妹でキスしてたとは思いませんでしたよw
こりゃ、ひょっとして祐一郎も同じ日の(以下略)
耕介と歩美の間に、入れ替わったその後何があったのか、美保じゃなくても読者としても気になってます。

嫉妬、美保は男であるというだけで、自分より扱いの上(と美保が思い込んでいる)祐一郎に嫉妬して、
元女なせいなのか、なんだかんだ言いつつ、他の女と話が弾んでいる耕介に嫉妬して、
美保たん、すっかり女の性に囚われてますね。

とりあえず、美保は耕介を意識してるみたいなので、耕介との絡みがどうなるのか、続きに期待しています。

Re: 第三話読みました - あまがさ

2010/01/18 (Mon) 23:08:10

ダークサイドさん
ふたばやわかばで、ダークサイドさんのものらしいSS読んだら、ニヤリとしています。w
ただ、シチュエーションを書いたら満足されるのか、尻切れトンボな話が多いのが玉に傷です。

最近だと、わかばの携帯電話握りつぶした話は、ダークサイドさんかな、と勝手に思い込んだりしています。
これは短編で完結しちゃってるのがいいのかもw

ふと、ダークサイドさん的な話、短編で書いてみようかな、などと思ったりもしてます。
ダークなのは、僕のカラーじゃないんだけどね。

それとは別に、僕は現在わかばでSS書いてます。
どれでしょうw わかりますか?

PCのフリーズ、ご愁傷様でした。
僕は、そういうのがいやだから、ノートでもデスクトップでも、まめに電源落としています。他の人もそうだと思っていましたが、そうでもないみたいですね。

記憶の中の僕IFの続き、ダークサイドさん流の続き、楽しみにしています。

Re: 第三話読みました - ゆう URL

2010/01/18 (Mon) 23:14:56

ダークサイド 様
あまがさ 様
半年振りに何の前触れもなくアップしたにもかかわらず、こんなに早く感想をいただきまして、まずは大変感謝しております。
ありがとうございます。

ダークサイド 様
PCのトラブルは本当にキツイですね。
調子よく書いているときに限って保存してなかったりして。
一度書いたものをもう一度書くってすごく辛い作業です。
(さっきはもっといい表現だったのに・・・)
てな具合で私も萎えたことがあります。
私も次のUPがいつになるか分かりません。Σ(・ε・;)
私としては読んでくださるだけで十分です。
(でも、やっぱり続きが気になる・・・w)

> ところでですが、『記憶の中の僕』系以外の投稿って可能ですか?

はい、構いません。
更新が稀なせいで、すっかり過疎っていますので、こんなHPでよろしければ是非投稿していただければと思います。


あまがさ 様
いつもありがとうございます。
あまがささんの予想をいい意味で裏切れるようにしたいと思いますw

Re: 第三話読みました - ダークサイド

2010/01/18 (Mon) 23:35:48

■あまがささん

>ふたばやわかばで、ダークサイドさんのものらしいSS読んだら、ニヤリとしています。w
>ただ、シチュエーションを書いたら満足されるのか、尻切れトンボな話が多いのが玉に傷です。

はは、orz
い、痛いところを突かれてます。
中には完全に思いつきで書いてる話もあるんで、ブラウザのクラッシュと共になんてこともあります(汗


>最近だと、わかばの携帯電話握りつぶした話は、ダークサイドさんかな、と勝手に思い込んだりしています。
>これは短編で完結しちゃってるのがいいのかもw
当たり!
いや、あれで自分のだと見られるとは思いませんでした。
わざと簡潔に書いたんですけど。
癖、あるんでしょうか orz


>それとは別に、僕は現在わかばでSS書いてます。
間違っていたらすいません。
No.23655
1261520547164.jpg
シナリオ分岐して分岐一(可逆)が完結、分岐2(不可逆)が進行中の奴では?


■ゆうさん

>更新が稀なせいで、すっかり過疎っていますので、こんなHPでよろしければ是非投稿していただければと思います。

ちょっと考えているのがあるので。
ある程度完成したら分割投稿を考えてますので、宜しくお願いします。

新年のあいさつ - あまがさ

2010/01/01 (Fri) 00:16:30

新年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

少し前に(と言っても半月ほど前ですが)、記憶の中の僕、読み返してました。
改めて思った。序盤の裕也の受身っぷりが何とも言えません。w
まあ、そういうキャラと言ってしまえば、それまでですが。

続編のつづきもお待ちしてます。

Re: 新年のあいさつ - あまがさ

2010/01/01 (Fri) 00:19:23

あと、ダークサイドさんのも、すぐにとはいいませんが、続きお待ちしてます。

ふたばやわかばでの書きさしのほうも……。

Re: 新年のあいさつ - ゆう URL

2010/01/05 (Tue) 11:22:35

あまがさ 様
今年もよろしくお願いします。

裕也は周りに流されまくりですね~

続編、執筆中です!
とだけ書いておきますw

いつも思うのだけど - リーグ

2009/12/24 (Thu) 21:50:21

男は性愛対象にならない
詩織と女同士で恋人関係でいいのにと、いつも感じますね。

Re: いつも思うのだけど - ゆう URL

2009/12/24 (Thu) 22:21:43

リーグ 様
はじめまして。
書き込みありがとうございます。

世間は二人だけの世界をそっとはしておかないし、二人とも男を知ってしまっているので、美保も詩織も悩み続けるのかもしれません。

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板